キッチンまわり

節電のポイント

油やホコリで目詰まりをしていると、負荷がかかって余計な電力を消費してしまいます。分解しておそうじすれば、換気効率が良くなり節電になります。

① フィルターを取り外します。

② 油汚れ用の洗剤をフィルター全体に塗布します。(塗装が傷んでいる場合は剥がれる恐れがあるので慎重に)

③ 割り箸・ハブラシを使って丁寧に汚れ・目詰まりを取り除きます。

④ お湯でしっかり流して、拭き上げたら完了!

⑤ おそうじ後は換気扇フィルターを設置すれば、油煙を吸着して換気扇内部の汚れを防ぎ、普段のお手入れがラクに!
suihan-title

節電のポイント

炊飯器の保温は意外と電力を使用します。機種によりますが、20時間の保温で、一回ご飯を炊くのと同じくらいの電気を消費します。ご飯は炊き立てが一番美味しいので、長時間の保温はやめて、余ったご飯は冷凍保存して、食べるときに電子レンジで解凍するようにしましょう。
pot-title
電気ポットも電力消費量の多い家電です。長時間使わないときはコンセントから外しておきましょう。また、常に水を満タンに入れてしまうと、その分電気代がかかります。使用する水量だけをポットに入れておくようにしましょう。
syokusenki-title

節電のポイント

kitchen-list-image-04
洗いたい食器がたまってから使うようにして、なるべく洗う回数を減らしましょう。
食洗機を使う前に、食器に付いた油汚れを丸めた新聞紙でぬぐってからつけ置きしておくと最短コースでもきれいになります。食事後なるべくすぐの、食器が乾かないうちに水につけておくと、洗うのが更に楽になります。
食洗機で一番電力を使うのは乾燥機能です。洗いコース終了直後は食器類はかなり高温になっています。終了直後に食洗機の蓋を開けてそのまま放置すれば自然に乾くので、乾燥のつかないコースを選択しましょう。
お問い合わせはこちら
pagetop